忍者ブログ
広島在住,フィドル,二胡奏者、  竹内ふみの の、レッスン教室案内ブログです。  フィドル,二胡の生徒さん,随時募集中。 お問い合わせは、メールjajoukaahiru@gmail.com 電話090-1333-0343 まで、ご連絡ください。
# カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
# フリーエリア
# 最新CM
[10/23 フミノ]
[04/12 新入生]
[03/03 フミノ]
[03/01 新入生]
[02/24 フミノ]
# 最新TB
# プロフィール
HN:
竹内ふみの
性別:
女性
職業:
ヴァイオリン,二胡弾き
自己紹介:
広島在住、
ヴァイオリン、二胡弾き、
竹内ふみののレッスン教室便り的ブログです。

レッスンに関するお問い合わせは、
jajoukaahiru@gmail.com
090-1333-0343
まで、お気軽にどうぞ。
# バーコード
# ブログ内検索
# P R
# アクセス解析
# カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
発表会も終わり、あっという間に年末となりました。

2年に一度の発表会は今年も皆んなよく頑張っておられました!
色んな思いが込み上げてきて、
とても嬉しく良い1日でした。

何の為にレッスンをするのか、
という事を、
いつも忘れてはいけないなぁ。
と思いました。
音楽というのは、いつも生もので
それを仕事として扱う私達は
時たま、そういう大切なことを忘れそうになりますが、
発表会等で、生徒さんたちの演奏を聴くと
初心に返るというか、
あぁそうだった、そうだった。
となることも多いですね。

音は目に見えませんが、
ちゃんと、あって
自分の意思や思いも反映して
音になるんだと、
そんな事も思いました。

生徒の皆さん、お疲れ様でした。

年末最後のレッスン、
来れなかった生徒さんから
クリスマスプレゼントが届きました。
そのプレゼントと一緒にお手紙が入っていて、

先生、私に音を楽しむ世界を下さりありがとうございます。

と書いてありました。

とても嬉しく心に残りました。

来年もまた、生徒さんたちと
楽器は元より、
音楽を出来たらなぁと思っています。

それから、沢山のレッスンのお問い合わせありがとうございました。
ここで一旦、生徒さんの募集を止めたいと思います。
ご連絡下さった方々、
体験レッスンにお越し下さった方々も、
ありがとうございました。^ - ^

また、ご縁がありましたらお会い出来ますよう。




そうして、皆さま
どうぞ良いお年をお迎えください。
生徒の皆さま、
ビシバシ楽しく頑張りましょう!!笑

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
PR
秋になり、レッスンのお問い合わせが急増しております。
ツアー終え、一息ついて色々確認していると、
現在、ほとんど使っていないアドレスにも、お問い合わせがバンバン来ており、
焦っております。。。。

ブログにアップするアドレスを変えて、詳細にも書き直したのに
どうしてかなあ。
と思っていたら、プロフィールに書いてあるものは、
昔のままのアドレスでした。。。。泣

ご連絡いただきつつ、返信のないまま気を揉まれた皆様、
大変失礼いたしました。

今,漸くブログの詳細、プロフィールともに
アドレスを統一しましたので、よろしくお願い申し上げます!!

もうすぐ、ホームページもできるので、
また今後、色々一新するかと思いますが、
こちらのブログは、ホームページからリンクさせて
残し継続する予定です。



取り急ぎご連絡まで!!


竹内ふみの


秋になりそうでならない日々が続きます。
ご無沙汰しております。
歯を抜いてから、絶不調が続いておりました
竹内ふみのでございます。。。
下の歯、というのは、ほんと抜くもんじゃありませんね。。。
でもまぁ仕方ないのです。
私の歯が弱いのがいけないんです。。。しくしく
でも。
漸く落ち着いて甘いものを沢山食べれるようになってきました!!(そこにまず問題があると私の周りの人々には言われております。。。)

今年は、2年に一度の発表会の年です。
あー、今年もやってきたなー、と隔年で感じますが
生徒さんたちも緊張の面持ち。

発表会は、大人の生徒さんたちにとっては
辛いと感じることも多いようで
私も、毎年色々悩みますが
それでも。

生徒さんたちが発表会後、上手くなったのを感じるにつけ
やって良かったなぁ。
と、いつも感じるため
どんなに嫌がられても曲げずに行うようにしてます。苦笑

今年も。どんな事になるかとても楽しみにしています!

さて。
レッスンで、いつも感じる事の1つに、
どれだけ、自分の弾いている内容に客観的に対応できるかどうか、
という事の必要性がありますが、
それはまた、
どれだけ必要なことをフレキシブルに考え、弾く事に導けるか、
ということでもあります。

例えば、
私が弓をしっかり楽器に乗せて、
と言うとしますね。

でも、実際そのまま全弓でやってみると、
弓の位置によって、音色に違いが出ることがわかります。
文章で読むと、分かることでも、
実際自分が入り込んで弾く事に集中している場合、
その音色の違いにまず、気付かないという可能性が出てきます。

また、気付いた時に、
では、どうやったらよくなるのか?
というプロセスを自分で経て理解すること。
それが、つまりとても大切です。

生徒さんたちは、間違える事を極端に恐れる事があります。(私が鬼のように叱るからでしょうか。。。笑 いやいや、そんなはずは無いんですが。。。)

でも、そういう自分の疑問から導き試した事、というのは
もし、それが間違いであっても、とても意味のある間違いです。

どちらかといえば、私達は、そういう間違いを正しい方向へ導くために居る、といってもおかしく無いと思います。

つまり、レッスンで矯正してもらえるからこそ、自由に色々試したり間違えたり出来る、
という訳です。

ですから、生徒さん達には、どんどん恐れず色んな間違いをして新しい発見をして欲しい、と思っています。

私が尊敬するミュージシャンの方が、
日々、1つでも新しい発見をし続けていく事を大切に。
と言ってくださった事があります。
今は、その言葉がどれだけ必要で大切な言葉か、身に染みてわかります。

日々の練習で、レッスンの日に、また隔年の発表会で、
1つでも新しい自分の中の発見を生徒さん達がしてくれる事、
そうして私もまた新たな発見が出来るように、頑張りたいと思います。
インフルエンザが終わりかと思いきや、
今度は、花粉症。。。。
日本の春への道のりは、なかなか厳しいのでありました。。。

昨日、広島パセーラの25周年記念のイベント演奏が、
半屋外でありまして、
演奏合間も、いらしてくださったお客様と、
テラスのカフェで、そのままおしゃべりしたりと、
日中ほとんどを屋外でマスクなしで過ごしたら、
今朝起きると、ものすごい、目と鼻が違和感不快感だらけでした。。。。
あぁ、、、少しずつ、花粉症のテリトリーに侵入しつつある事を感じる今日この頃。。。
皆様も、どうぞお気をつけてください。
ちなみに、花粉症で病院に行く際は、耳鼻科ではなく、アレルギー科、
だそうです!!(今日聞いた話。。笑)


さて、
昨今、携帯の機能は格段に上がって、
レッスンを、録画、動画、で残す生徒さん、
携帯のアプリで、メトロノームや、チューナーを使う生徒さん、
と様々です。

レッスンを録音する、というのは
とても、重要なことです。

演奏時と同じで、
レッスンに来ると、極度に緊張してしまう生徒さんもおられますし、
そういった、色んなことから客観性が失われます。

ですから、レッスン中、気にもとめていなかったようなことが、
後で聞くと、しっくりきたり、内容を理解できたり、
ということも少なくないと思います。

ただ、たまにレッスン中に、
今、提示している内容に対して、
今は、対応できないので、後で録音を聴いて直してきます。
という生徒さんがおられます。苦笑

もちろん、内容にもよりますし、
生徒さんも、色々一杯いっぱいになるんだろうなあ。
と想像します。

しかしながら。です。

それは、大きな残念です。
だって、
録音の先生は、聞いたり、話しかけても、決して
それに答えてはくれません。

今、目の前に、先生は居て、
そうして、
提示された大事な部分を、やってみましょう、
と言っています。

もし、それが演ってみて、上手く弾けなかったとしても
その、弾くことで、
それは、こうした方が、ということを、
先生がまた、新たに付け加え、伝えるかもしれませんし、
もし自ら、疑問が湧くことがあれば、即座に聞くこともできます。


ですから、
そういう時には、私はいつも、
いやいや!!!!
今すぐ、演ってみましょう!!
出来なくて上等!何か、少しでも、摑めるなら、今やりましょう。すぐやりましょう!
と、言います。


録音は、あくまでも、あった出来事の確認。です。
それを聞く時には、レッスンは、過去の話。です。

それに、また同じ時間と労力、集中力を割くよりも、
今、レッスンしている時に、
先生がいる状況で、演ってみること、
レッスンすること自体を、楽しんで音を出した方が、絶対に良いんです。
というのが、私の考えです。


余談ですが、
私は、自分が一番強く、
美しい、とか、素晴らしい、とかそういうことを感じる時間は、
決してカメラや録画を撮らないようにしています。

特に、音の場合は、顕著です。
まあ、音の場合は、演奏者を取る場合も肖像権や著作権があるので、
ということもありますが、
そんな、今を切り取ることなんかより、
今を楽しみたい。

代替品はいらない。
今、自分が感じたものだけを、
体いっぱいためて、その瞬間を謳歌する。

そういう、ある種の、緊張感、切迫感、一回性、
そういうものに、敏感でありたいなあ、
と思いつつ。

そういう気持ちというのは、
季節の移ろいを愛でる気持ちと通ずるものがあるかもしれません。

とまあ、お雛様のこの良き日に、
昨今の携帯機能を憂うとも取れるような、(決してそんな事は、思っていません!!)
文章を書いている人がいう事でもありませんが。笑


基。
確認の意味で録音をする、ということと、
レッスンで、録音したから大丈夫、というような、慢心が生まれることは、
大きな違いです。

せっかく、顔を合わせて、一緒にレッスンをしている時間。
一緒に、しっかり楽しんでレッスンできれば。と思っています。
私も、あ、まあこの内容、ブログに書いたからいっか。
という事のないよう、全力でレッスンに臨みたいと思います。敬礼。

毎日寒い日が続きますが、皆様お元気でしょうか。
私は、冬が大好きなので、謳歌しています!!笑

どれだけ謳歌しているかというと。。。。


謳歌その1



謳歌その2。。。。




ジャーン!!!

こんな感じで脇目も振らず、一心不乱に練習、、、、
じゃなくて、雪だるま作りをしとります!!笑


でも。
こういうただの遊びのような
なんでもない時間も、私の人生の最高に愛おしい時間です。
こういうことが、逆に練習や自分の仕事へのメリハリを生むことも多々ありますね。


さて、生徒さんの募集をしておりましたが、
ここで、ひとまず一区切りとしたいと思います。
たくさんのご連絡、ご入会をありがとうございました。

ご縁の生まれた方も、今回ご縁のなかった方も、
またいつか、どこかでお会いできますように。



新しく入った生徒さんが、今日のレッスンで、

「先生の弾く、マイフェイヴァリットシングスは、
全然違いました!」

とレッスン後に、メールをくださいました。

そう感じることだけでも、実は大きな収穫です。
あとは、違うと感じる細かい部分を、しっかり理解して、どうやったらできるか考えて、
楽器を手にして、反復して、、、、、。

考えるだけでも、ワクワクします!!

生徒さんが弾ける喜び、楽しむ姿、そうして上達することへの期待、

それらは、全部 私の喜びです。
本当に。

いつもありがとうございます。


人生を楽しむ。
その楽しむ心のスパイスや、エッセンスに
レッスンが少しでも、なるのであれば嬉しいなぁと思っています。

Have Fun!!!!
忍者ブログ [PR]